Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

夕方から夜にかけてチルするための作品10選①

1.Hooverphonic『Collected』

open.spotify.com

ジャケぐらいの暗さになったら国道や大通りを帰路についているときに聴きたい。トリップ・ホップとも言うべき作品だが、シンプルで暗い低音に上空で鳴っているようなギターやシンセが良い。Disc2以降はドラムンベースなど、若干明るい曲調が多く、軽やかな印象。オーケストラ的な要素も加わって音が豪華になりつつある。

2.Pink Floyd『Animals(REMIX)』

open.spotify.com

外がジャケくらいの暗さになったら一人で聴いて孤独に酔いしれたい作品。パット・メセニーっぽいギターリフが爽快感あるし、1曲1曲がシームレスに続いていくので気が付いたら終わっている。リフレインするボーカルが哀愁漂う。
本作はリミックスで音的にはほとんど変わらないが、編集技術的には最新だろうし、新譜のように思える。ジャケも最近の写真に変わっており、旧バージョンのバタシー発電所上空に豚が飛んでいるジャケットも一新。

open.spotify.com

3.ODD Foot Works『GOKOH』

open.spotify.com

仕事帰りの空が暗くなった時間帯に聞くと心に染みる。落ち込んでる訳では無いが心に何か心残り・モヤモヤが残るPM19:00に効く。

4.DJ King Assassin『Hitworks, Vol.1』

open.spotify.com

ちょうどドンキでぶらぶらウィンドウショッピングしているような気分に陥る。そして近くのマツキヨで買いたい薬を少しだけ買って、エスニックカレーの店でカレーを食べて帰る流れまで目に見えている。

5.MONDO GROSSO『BIG WORLD』

open.spotify.com

月明かりが登る街を彷徨いながら聴きたい作品。大都会の中心で聴いても、都下の地下道で聴いてもマッチする洗練されたカッコよさとフィクションのおとぎ話のような夢が味わえる。

6.LEO今井『Fix Neon

open.spotify.com

「Metro」のナンバーガール向井のギター、英詩に日本語が盛り込まれたカルチャー的な「Karaoke」はテンションが高ぶる。夜の東京という街を歩いて帰路につくときにしみじみと聴いて歩くと、ここは東京だなという実感が湧く。どこか上京して東京に溶け込んで都会色に染まっていく自分を俯瞰しているような感じになる。

7.高橋ユキヒロ『Saravah Saravah!』

open.spotify.com

幸宏氏がヴォーカルを新録にして40年ぶりに完成した作品。伴奏さえ新しく感じるが当時の伴奏を再現するのは困難だろう。1srアルバムのリメイク盤となる本作だが、当初の武骨な歌い方ではなくスタイルの定まった現在の歌い方で歌われ、ワインのように熟成されて完成形となった。

8.awendarap『melty black』

open.spotify.com

90〜00年代のオールドスクール的なJラップ。シンプルでジャジーなトラックにラップが乗っている。帰りの電車に揺られて聴くのも乙。

9.Bryan Cherry Band『Now You Know』

open.spotify.com

ブラックミュージックの極みのような作品。プログレ的な雰囲気のある「The Raven」、イントロギターリフが癖になる「Aⅽt aFool」すべてが最高。

10.Dirty Beaches『Night City』

open.spotify.com

深夜徘徊のようにあたりの静寂が聞こえてくる。深夜どころかほぼ早朝くらいの人がいない時間の音楽という感じがする。表題曲から夜がテーマだろうが、人の気配が全くしない。深夜徘徊の自由さを訴えるようなアングラで実験的な作品。

 

以上。