Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

個人的に気が滅入ったときに聴くアルバム10選⑨

1.SCOOBIE DO『Beautiful Days』

open.spotify.com

なんとなく80年代の山下達郎のようなグルーブ感とNONA REEVESを感じる。本当に2000年代初期のバンドはどれもフレッシュでエモい。今思い返すとその当時の懐かしい風が音楽として流れ込むからそう感じるのだろうか。聞いていると気分が慰められる。

2.David T. Walker『Press On』

open.spotify.com

仕事でへとへとな帰りにこの作品は滲みる。優しいファンク・ソウルという感じで。しっぽり一人でしけ込みたい時には良い。「Press On」のような盛り上がる感じの曲もあるが、うるさくない程よいテンション。

3.Alex Chilton『Free Again: The "1970" Sessions』

open.spotify.com

昔ながらのロックンロールという感じで、どこかカントリーのような雰囲気がある。晴天の日の牧場のような朗らかさがあり平和。

4.Crass『The Feeding Of The Five Thousand』

open.spotify.com

こういう一定のリズムとテンションを保ちながらずっと続いていくパンクは最高。どの楽器よりも声が映えている。けどうるささや複雑な感じはしない。

5.Lord Sutch and Heavy Friends『Lord Sutch and Heavy Friends』

open.spotify.com

こういう昔のロックの荒々しい感じ、ヤンチャな感じが最高。昔のエレキのようなサウンドがカッコ良い。シンプルにギターとドラムにベース、ボーカルのような構成。ロックンロールはうるささはないがグルーブ感と余裕が感じ取れて良い。

6.Asha Puthli『Asha Puthli』

open.spotify.com

インド出身のジャズシンガー、アシャ・プトゥリの1st。夜聴くと包み込まれるような安心感でホッとする。ジャスミン茶を一杯飲むような落ち着きとぬくもりを感じるディスコ・ソウル。

7.坂本龍一&カクトウギセッション『サマー・ナーヴス』

open.spotify.com

YMO周辺の演奏者が格闘技のように共演するコンセプトの作品。教授と矢野顕子のデュエットの「SLEEP ON MY BABY」が心地よいミニマル。「“カクトウギ”のテーマ」は盛り上がるし、電子レゲエというべき「TIME TRIP」は不思議な感覚になる。YMO1stのようなウヨウヨしたりパキパキしたシンセ音が心地よい「SWEET ILLUSION」。全体的にフュージョンだが面白い。

8.快速東京『DEATH』

open.spotify.com

1曲が短く歌詞もちゃらんぽらんなハードコア・パンク。日本語詞だが特段メッセージ性がある訳ではないし安心して聴ける。

9.SEBASTIAN X『僕らのファンタジー

open.spotify.com

ギターのいないバンド編成のため、旅芸人のような愉快な曲調が多い。歌詞はありきたりでポジティブなメッセージばかりだが、メロディとボーカルが相まって自然に聴こえる。

10.Smokie『Midnight Cafe』

open.spotify.com

特別盛り上がるテンションでなくともメジャー・マイナー問わず心にダメージを受けないで済む。「What Can I Do」のサビの立て続けに起こるブレークは斬新。

 

以上。