Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

徹夜作業時に聴くアルバム10選①

どうやら夜の缶詰・徹夜作業にはストーナーロック、またはフォークソングが良いらしい。余計な情報は無くただそこに安らぎと空間を与えてくれる。

1.高田渡『石』

open.spotify.com

まったりしたい夜や家で過ごす作業時間などに聴いているとなんとなく心が落ち着くのはフォークソングが良い。タモリがフォークを「根暗の音楽」と評したが、そんな気分の時に丁度良いのだ。夜の孤独にこのちょいとした盛り上がりが丁度良い。ギターの音色と語りかけるような歌が心地よい。昭和の漫画家がボロアパートに身を潜めて作業に挑む時に流れていそうな雰囲気。

open.spotify.com

2.1000mods『Super Van Vacation』

open.spotify.com

ストーナーロックというジャンルらしいが、スローな感じのテンポに乗っかる重いベースとドラムの上物の音が響いていて良い。メタルのジャンルらしいがうるさくないし、夜に一人ドライブして帰るときに流していると落ち着く雰囲気。

3.Asteroid『Ⅱ』

open.spotify.com

「Karma」のイントロが最高。歌のはいるタイミングがだいぶ遅いのも含めて良い。ベースのリフが全体的に最高だし、要所要所に癖になるカッティングが入るのが良い。

4.Demon Fuzz『Afreka!』

open.spotify.com

若干プログレっぽく途中で展開や雰囲気がガラッと変わったりするが耳障りは良い。朝聴いても良さそうな雰囲気はあるが、朝の満員電車に揺られて聴くイメージの曲ではないし、どこかパーソナルな雰囲気を醸し出している。その理由がジャズだからかなのかどうかはわからない。ジャズ以外にもファンクやロックのような様々な要素を含んでいる。

5.Naxatras『Naxatras』

open.spotify.com

これもどうやらストーナーロック。ただ夜でなくて朝聴いても良さそうだし昼聴いても夕方聴いても良い。他のストーナーロックと比べてもサーフミュージックやサイケ的な雰囲気が強く、落ち着いた雰囲気。

6.Octopus Diver『The Last Trip Of A Lifetime』

Octopus Diver – The Last Trip Of A Lifetime

サーフミュージックっぽく波の音が聞こえるし、ギターが風に乗っているような雰囲気で、ベースも重い波のようで良い。海辺の風が吹いているログハウスに寝っ転がりながら聴きたい。夕暮れ時のまだ空が絶妙に明るい青い時間に聴いて過ごしたい。田舎の国道沿いのサーフ系のデカいテンポで流れてそうな雰囲気。

7.Exmagma『Goldball』

Exmagma – Goldball

www.amazon.co.jp

オシャレでグルーヴィなサウンド。サイケでロックでフュージョンな雰囲気で得体の知れない掴めない雰囲気を醸し出している。まったりと急ピッチが来るような感じ。全体的にはシンプルな音数なのに無限に感じるサウンドが良い。夜である必要はないが、何か昔のセリフのない60~70年代のアクション映画でありそうなサウンド

8.Hawkwind『Hawkwind』

open.spotify.com

スペース・ロックという部類だが、プログレ的で様々な展開があり、ボーカルパートが少ない。不気味な曲調の「The Reason Is?」や「Paranoia」のようなインストもある。

9.Anduela Keku『Climatic Rock』

collettivosbermuz.bandcamp.com

ミニマルな音楽だがジャケットのような果てのない砂漠をひたすらゆっくりと進んでいるような感じ。若干展開があったりするのが面白い。

10.Nuito『Untella』

open.spotify.com

全体的に激しめの曲調が多いが深夜の静けさにはかえって丁度良いインスト。マスロック最高。台風の吹きすさぶ夜のように1秒1秒で目まぐるしく展開が変貌して激しく唸っている。

 

以上。