Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

個人的に気が滅入ったときに聴くアルバム10選⑤

音楽ってそもそもそういうものだと思っているが、良い曲かどうかというより良い曲に聞こえるかどうかが大事で、そう考えるとバックの情報が豊かだったり興味深ければ深いほど味が出て面白く聞こえるものだ。他の芸術やその他に関しても同じだろう。「これはこういうものです」と紹介されて聞いてみると「そうなのか、聴いてみようと」先入観を持って聴いてみるだろう。
夜のSAで流れてたバグルスの「ラジオスターの悲劇」が最高だったってエモーションとか(トレヴァー・ホーン最高)がその一例。もとい、音楽とは"エモ"なのだ(そういう音楽のジャンルもあるが)。この曲を聴いていた時にこういうことが起こったという事象さえも音楽を良いものに聴かせるエッセンスとなるのだ。

1.岡村靖幸『操』

open.spotify.com

最初タイトルを見た時、躁鬱の『躁』だと思った。
一番最初の「成功と挫折」というタイトルからしてもテンポからしてもスッと心に入ってくる。岡村ちゃんの人生哲学・美学的な思想と苦悩・葛藤が説得力を帯びた歌詞として身に染みる。けど全体的に前向きになれる雰囲気で落ち込まない調度良いライン。

2.冠二郎『冠Revolution』

f:id:angrybreakfast:20211011211820p:plain

冠二郎 – 冠 Revolution

www.amazon.co.jp

"J-Enka"と言われるような高いテンションでクラブっぽいミックス。
コモエスタ八重樫によるアレンジでポンチャックみたいになっているが、このようなシリーズをもっと見たかった気がする。全体的に中毒性が高いし、地方のステーキ店で流れてそうな気がする。

3.高橋ユキヒロ『音楽殺人』

open.spotify.com

79年後半から80年代初頭にかけた独特なテクノポップが好きだが、まず『音楽殺人』っていうタイトルが凄い。
すべて英詞で全体的に洋楽っぽいし、フレッシュさとスピード感が良い。

☟こっちも同じような印象でフレッシュさとスピード感が良い。坂本龍一作曲の「回想」最高。

open.spotify.com

4.高橋竹山津軽三味線・決定盤』

f:id:angrybreakfast:20211031105329p:plain

高橋竹山津軽三味線・決定盤

www.amazon.co.jp

バッハのクラシックが如く、聴いていて負にも正にもならない中性的で安定したテンションの曲。盛り上げようとかって意図ではなく、純粋に響かせようとする心行きがある伝統音楽はやはり最高。日本人の心に響く。

5.三波春夫『~歌芸の軌跡~ 三波春夫全曲集~歌芸の軌跡~ 三波春夫全曲集』

open.spotify.com

やはりこれも最高。昔の演歌というか元浪曲師というか、夜一人で家にいてセンチメンタルになってるときはこれを聴くに限る。やっぱり三味線にせよ、日本人には古来の伝統的なグルーヴが身に染みるのだろう。
「世界の国からこんにちは」なんて感動してしまう。村田英雄や三橋美智也も良いが、全体的に明るく盆踊りのリズムで聴けてしまう三波春夫が個人的にはツボ。

6.SHOGUNShogun 2002』

open.spotify.com

フュージョンみたいだがディスコみたいでもある、お祭り騒ぎ的な作品。探偵物語の「Bad City」はアガる。クラブ色が強いので全体的に盛り上がれる。

7.Destroy All Monsters『Live』

open.spotify.com

小さいライブ小屋でやっているんだろうなと思われるパンクの閉鎖的な盛り上がりは、ある意味一人で聴くのには丁度良い加減で盛り上がる。テンションはずっと変わらないが、それが逆に一貫して心の均衡を保っている。

8.Negative Approacj『Total Recall』

open.spotify.com

短くてパワフルなサウンドが良い。やっぱパンク。最高潮の勢いを保ったまま曲が続々と展開される。

9.White Zombie『Astro-Creep: 2000』

open.spotify.com

やっぱりヘビメタは最高。重低音が響く中、炸裂するディストーションにやられる。「More Human Than Human」最高過ぎる。

10.Harry Smith's Anthology American Folk Music『Volume 1: Ballads』

open.spotify.com

ジャケットに反してフォーク・カントリーのアルバム作品で激しくなく、録音環境も良くない。こうやってカントリーを聴いていると不思議と日本の浪曲やら津軽三味線を聴いているような気分になる。こういうネガティブでもポジティブでもない曲調やリズムが最高。

 

以上。