Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

個人的に気が滅入ったときに聴くアルバム10選③

1.Germs『GI』

open.spotify.com]

清々しい程の勢いとテンションのパンク。着飾らない感じで音色的にもリズム的にもシンプルでほぼ一色って感じだけど最高。

2.Area『1978 (Gli dei se ne vanno, gli arrabbiati restano!) 』

open.spotify.com

イタリアン・ロック最高だな。放牧的でマンドラの音色がおしゃれな雰囲気でステーキ屋とかで流れてそう。

3.Nusrat Fateh Ali Khan『Shahen-Shah』

open.spotify.com

カッワーリーという宗教歌謡曲らしい。日本でいう御経か?それともオウムソングか?
ローマ教皇が出したロックアルバムもなかなか良かったが、こういう宗教的な音楽はなぜ心が落ち着くのか。感情を落ち着けて音楽に集中できるし、そこにネガティブさや暗さはない。
☟ちなみに幸福の科学大川隆法もコロナ撃退ソングを出している。

open.spotify.com

4.Surf Curse『Buds』

open.spotify.com

The GermsとOasisのミックスのような雰囲気。lo-fi感が良い。小さいライブ小屋で内輪で騒いでるような感じ。

5.The Shaolin Afronauts『Flight of The Ancients

open.spotify.com

アフロ・ファンクのグルーヴ感が良い。インストだし、ハードじゃないから心地良い温度の温泉に浸かってるような気分に浸れる。

6.Lee"Scratch"Perry『Scratch Came, Scratch Saw, Scratch Conquered』

open.spotify.com

日本のフォークみたいな感じかな、レゲエやダブのテンポって落ち着くな。R.I.P

mobile.twitter.com

7.Coaltar Of The Deepers『The Breastroke ‐The Best Of Coaltar Of The Deepers

open.spotify.com

まず「My Speedy Sarah」のスピード感にやられる。疾走感はあるけど重くない、バニラなのにサラッとしてる爽みたいな音楽。
「The Lightbed」みたいな、ゆずのような清々しい曲もあって良い。

8.Blossom Dearie『SINGS VOL.1』

open.spotify.com

快適な昼寝のような安堵感に包み込まれる。まるで子守歌のような歌声に癒される。外光だけで照らされた室内で、窓辺でそよ風に当たりつつ外を眺めながら聴きたい。鶴瓶の家族に乾杯並みに安心して視聴できるので心も安らぐ故郷のような作品。

9.李博士李博士イ・パクサ)のポンチャック大百科』

www.amazon.co.jp

まずポンチャックっていうのは、歌謡曲をカラオケ的なチープな音楽をディスコ・テクノ的なリズムの上でメドレー形式で展開していくもの。そのチープさと馬鹿馬鹿しさ(褒め言葉)が最高で垂れ流して聴くと気分が落ち着く。

10.近藤等則&IMA『TOKYO ROSE』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ELkv9mh0L._AC_SL1123_.jpg

www.amazon.co.jp

エレクトリック・マイルスみたいな感じで、エレクトロ・ファンク感が強い。エレクトリック・トランペットにエレクトリック・バイオリン。近藤氏のボーカルやサックスのパワーが凄い。力が与えられる音楽。和風なテイストを盛り込んでいるのが良い。

 

以上。