Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

デスク周りを整える

デスク周りとはすなわち、己の砦となる場所だ。パソコン様が鎮座するスペースというのはどこか神聖な雰囲気すら感じる。引っ越してまずやったのがデスク周りの充実だった。生活の中ではそこがほぼ7割を担うと言ってよいほどで、デスク周りが充実しているとそれだけで作業効率が上がるので、手間をかける優先順位は高い。デスクは折りたたんで1枚の板にできるタイプで、イスはゲーミングチェアっぽい奴を使用している。

理想のデスク周り

Twitterを眺めてるとどこか個性的で面白いデスク周りを見つけることができる。

リモートワーク

昨今、幸か不幸かリモートワークが普及したことでデスク周りを整えることが重要になってきた。それゆえに家庭持ちの人は子供の勉強部屋を借りてリモートワークをするなど、家族に協力要請を出す必要が出てきた。

巷ではいたるところでリモートワーク可能なシェアオフィスやらカフェが出てきた。そんな中でおすすめなのが「Suup」というアプリだ。

suup.me

これによって地図上から付近のリモートワーク可能な場所を探して利用することができる。いわゆる月額制のシェアオフィスもあるが、単発で不定期利用する場合にはオススメ。1日中利用して1000円で済む場合もあるが、反面で9:00~17:00までしか利用でいないといったデメリットも見受けられる
サブスク型シェアオフィスを持ち家・賃貸だとするならば、Suupは宿泊だ。自分に合わないならすぐに場所を変えることができる。

デスク周りを整えるグッズ

デスクは折りたたんで一枚の板みたいにできるタイプのものを使っている。ちなみに椅子はゲーミングチェアみたいなものを使用しているが結構快適だ。

・骨盤サポートチェア

 

www.amazon.co.jp

椅子にこれを置いているが、それなりに姿勢を保ったまま作業を行うことができる。
腰辺りが安定するので、気持ち集中しやすくなる。変な姿勢で椅子に座るとヘルニアになる恐れがあるので、こういった姿勢強制グッズは割と重要だろう。
他にもゲル状のクッションのようなものがあるが、そちらは座椅子のクッションとして使用している。

リストレスト

www.amazon.co.jp

優秀なリストマットがあるかどうかでだいぶPC作業の捗り具合が違う。使う以前はよく腱鞘炎じみた症状が出て手首が痛くなり、サポーター使ったりしたが解消しなかった。本当にこれを使い始めてから手首の痛みがなくなったので最強。

・ウェブカメラ

 
www.amazon.co.jp

リモート飲みやるってなったときになぜか自分のパソコンから音声入力されないことが発覚。しばらくスマホやらiPadでやっていたがとうとう購入。映像も音声もカメラですべてできる。クリップでパソコンのディスプレイに挟んで使っているが、三脚付きだからパソコンとUSBで繋げていれば離れた距離に設置して使うこともできる。また、この商品の特徴として画角がかなり近接のため、パソコンの前に座って何かをやる場合には向いていない(Zoomでは設定でカメラのみパソコンのカメラ、音声はWebカメラのように設定可能)が、会議など部屋全体を映す場合には良いのだろう。

・4 in 1 充電ケーブル


www.amazon.co.jp単純に充電スペースを省略できるのが良い。iPadAndroidを同時に充電可能だし、ワイヤレスイヤホンも同時に充電できるのが良い。端子の少ない家に住んでる人にはお勧め。このコード一本でほとんどのガジェットの充電が完結するので今はほぼこれで充電している。

・モニター台

www.amazon.co.jp

基本的にデスクと椅子の高さ的にパソコンを直に置くと前かがみのような姿勢になってしまい、首を痛める。これを置くことで下に外付けHDDとか小物を収納できるし、高さを増すことができるので便利。

・ノートパソコンスタンド

www.amazon.co.jp

これがないときは角度的に首がかなり凝ったが高さと角度を良い具合に調整できるのでこれまた身体的な負担が減る。

スマホホルダークリップ

www.amazon.co.jp

これをモニター台に取り付ければパソコンの横にスマホをホルダーしておくことができる。Zoomであるとか、決まった使用用途があるわけではないが何かと便利であるとないとでは自由度の差が違う。

おすすめアプリ

■Duet

ja.duetdisplay.com

このアプリを入れているだけでiPadデュアルディスプレイにすることができます。個人的にiPadを使う頻度があまりないため、パソコンにUSB接続して充電を兼ねてサブモニター代わりに常用している。下記リンクを見ると有料アプリのように思えるが、無料で使用できる。

ja.duetdisplay.com

 

以上。