Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

理想のお家を考える

激安物件

虎ノ門や麻布台などの地区に家を買った人は勝ち組だと思う。大昔この辺に戸建てを建てた人なんかは、再開発時にデベロッパーから言い値で土地を高額買取され、田舎に数千万の家を買い、余った資産で余生を過ごすなんてことも可能だろう。

www.renosy.com

ちなみに、渋谷の松濤辺りを歩くと妙な違和感と言うか異世界に迷い込んだ感が凄い。集合住宅のようなサイズ感の戸建てやデカい門。監視カメラが何台もついていることから、麻生元首相や安倍元首相が住んでいるなどと言う噂も聞く。VIPの住む地区なのだ。

都内勤務でも持ち家は郊外という人が結構多い。ベッドタウンの埼玉やら、神奈川・千葉に住む人は結構多いイメージ(特に神奈川)。家を買うことについては、よく「実家に住んで貯金して戸建てを買ってしまうのが良い」論はよく耳にする。賃貸はサブスクだが持ち家は買い切りであり、それ自体が資産だ。

 

―――海外の物件・宿泊施設

―――戸建ても激安

☟京都の寺院すら買うことができると考えると、物件探しも際限がない。

bukkenfan.jp

変な物件

レイアウト

mobile.twitter.com

中学校の頃の技術・家庭科の時間に「理想の部屋を考える」というものがあったが、ドラえもんのび太の部屋のようなモノを作ってしまったが、今考えると全然良くない。

正直な話、こういったものの芯から望む理想像って、実際に社会人になって荒波に揉まれたときにふと頭によぎるものであって、学校の授業でやらされる程度では本質的なものは出て来ないのである。他の勉強もそうだ。大人の言う「勉強はちゃんとやっておけ」は自らの後悔や願望であって、リアルタイムの学生には目の前にある何のためにあるのかわからない課題に対して意味を見出せず、単なる面倒なお仕事や作業でしかないのだ。一度仕事をしたのちに大学や専門学校を目指す大人の心理がよくわかるこの頃。

www.roomie.jp

―――趣味のためのプライベート空間

■スタジオ系

自宅をスタジオ化しているミュージシャンはそう少なくない。ただそうなると問題なのが防音対策だ。Youtuberなんか(ゆゆうたは「おたくのやどかり」で見つけた現在の防音仕様の住まいで奇行に興じている)はこういった物件は重宝するだろう。ただし、どうしても10万は超えてきてしまうが、逆に10万程の家賃で防音・都内住みはQOLが高い。

www.musision.jp

防音と言えば、屁の音すら聞こえてくる、画鋲さえ貫通するというレオパレス伝説を彷彿とさせる。

■ゲーム系

―――レイアウト次第で如何様にも理想化できる

間取り

―――シミュレーター

☟間取りを記録するのが好きだという変わり者もいるらしい。おそらく職業柄、建築士だとか設計に携わる人、プロダクトデザインとかデザイン系の人である程度専門的な専門的な知識や独特な観点があるため、このような興味深いことが好きなのでは?とは思う。

―――変な間取り

☟一時このような書籍が話題になったが、もう逆に変じゃない間取りってあるのかと疑問に感じてしまう。

f:id:angrybreakfast:20211221225745p:plain

ヘンな間取り – ヘンな間取り研究会

www.amazon.co.jp

☟雨穴氏の『変な家』はなかなか惹き込まれるミステリー作品となっている。

omocoro.jp

 

以上。