Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

最高に跳べるアルバム10選⑨

1.Leon Thomas『Gold Sunrise』

open.spotify.com

ブルース・カントリーの温暖で太いサウンド、スローなメロディーとライブの盛り上がりが最高。

2.HiTech『Hitech』

open.spotify.com

Juke/Footworkぽいビートでリフレインするラップ、うねるようなくぐもったシンセサウンド。朝寝ぼけ眼に聴かせるとトランスして変な浮遊感がする。

3.Viagra Boys『Cave World』

open.spotify.com

冒頭の「Baby Criminal」からディストーションと低音響く最高の始まり。気分がクソの時に聞くと最高に心地良い。

4.鈴木さえ子 『スタジオ・ロマンチスト』

open.spotify.com

おとぎ話のような残酷とメルヘンが混ざったようなぶっ飛び具合の作品。ベル系のシンセサウンドの勢いが凄い。昔のPCゲーのBGMっぽい。 

5.New Age SteppersNew Age Steppers 』

open.spotify.com

実験的なダブ集団でイギリスの各ポストパンクバンドのメンバーをフィーチャリングして作成している。ジャケを見た印象より思いの外音楽的でなくて退屈な気もするが、ただ流しておくだけでその場の空気に馴染む感じが。 

6.Fumaça Preta『Fumaça Preta』

open.spotify.com

ハード・サイケデリックジャズロックというような、ジャングルの奥から漂って来そうな濃いファンク。宇宙感のあるシンセの効果音も相まって最高の仕上がりになっている。

7.Aqsak Maboul『Un Peu De L'Âme Des Bandits』

open.spotify.com

ひとつのアルバムに複数のアプローチが試みられていて途中で別の作品に変わったのかと錯聴する。アヴァンギャルド・ジャズのようなポスト・パンクのような、古いスリラー映画の劇伴のような雰囲気。

8.The Rolling StonesUndercover

open.spotify.com

最高過ぎる「Undercover(Of The Night)」。ファンクのようなディスコのようなパンク。ギターソロやベースリフ、ドラムのすべてにボルテージが高まるサウンド。ちゃんとニューウェーブ以降の80年代サウンドって感じがする。

9.Die Krupps『The Machinists of Joy』

open.spotify.com

ゴリゴリのEBMサウンドだが、テンボがミドルなKFMDMやWhite Zombieのような感じもする。解凍期のP-MODELのようなテクノ感が強い。

10.Kike & Rich『Expert Knob Twiddlers』

open.spotify.com


Aphex TwinアンビエントのバッキングとIDMのクラッシュビートに乗せて軽快なフレーズが乗っかった作品。ジャケから想像できるインテリからくり箱みたいなサウンド

 

以上。