Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

使い続けてるやつとたまに使うやつと使わなくなったサブスクまとめ10選

使い続けてるやつとたまに使うやつと使わなくなったやつを挙げる。
サブスクの罠は、基本的に無料期間で使用してそのままそれが日常となり、それがない生活が考えられなくなってしまうのだ。特にAmazonプライムとかそれなしでは考えられないし、コスパの面を考えると止める手はないのだ。また、利用の一時停止ができるサブスクもあるので、ポイントをキープしたまま月額料金が発生しないということもできるので、うまく活用すると良いだろう。

使い続けてるやつ

1.Amazonプライム

www.amazon.co.jp

物心ついた時から使っていて、どれがプライム会員特典の機能になるのかわからないくらいにAmazonのヘビーユーザーだ。
お急ぎ便で翌日には届いたり(注文時間によっては翌々日になることもある。ちなみにヨドバシドットコムは課金なくして発送が早い。)、配達日を指定できたり、あと置き配だと不在時でも玄関前とかに置いてもらえる。日本郵政だと永久に在宅していない限りモノを受け取れないし、安定のヤマトで配達してもらえるので、再配達依頼もネットで簡潔に行えるプライムビデオが視聴できたり(1部見られなかったり期間限定だったりするが…)、お得である点が非常に多いのだ。

www.amazon.co.jp

年会費4900円という月額にしておよそ400円弱なのが最強。

2.kindle unlimited

www.amazon.co.jp

月額980円で読みたい本が読み放題なサブスク。
すべての本を読めるわけでは無いが、他の電子書籍レンタルサイトが1冊〜ポイントみたいな感じで支払うのに対し、ここでは月額料金を払えば何冊でも読み放題なのだ。
Amazonプライム会員と合わせると得で、たまに2,3ヶ月99円みたいなセールがあるし、電子書籍自体もセールになったりするのでうまく使うとかなり特に活用できる。
何が良いって、どこでも本を手軽に読めることで、読書が進みやすくなったということだ。あと、その時だけ読みたいような雑誌がタダで読めるのは最高。

note.com

mobile.twitter.com

3.リネット

www.lenet.jp

社会人になるとスーツのクリーニングが面倒。職業柄時間が割けない人もいるだろうし、クリーニング屋への持ち込み持ち出しが厄介なのと、近くにクリーニング屋がない場合もあるだろう。リネットは宅配でクリーニングを依頼出来る。
やり方としては、段ボールか専用のバッグに衣類を入れて集荷依頼すれば後は指定日時に配達される。
年会費プラン(4680円税抜)に加入して、依頼したい時にすぐ時間を指定して来てもらってる。プラン加入者は最短2日後にお届けして貰えるのが最高。また、リーマンの場合はスーツ上下・ネクタイorワイシャツの一式で1900円超えるので送料無料(料金シミュレーターもある)。

3.5.ふとんリネット

www.futonlenet.jp

どうしても部屋干しでとか、ふとんが干せない環境はあるだろう。クリーニングすら車で移動できるほどの環境じゃなければ移動も大変だ。そこで便利なのがこれだ。布団も選択せずにずっと使い続けているといくらダニ対策スプレーをしていても寝ているときにダニに食われることが増えてくる(ダニは蚊と違って痒みがなかなか引かないし痕も目立ちやすいため、ムヒでは到底効かず専用の抗生物質が必要になる)。
掛け布団、敷布団、毛布で大体1万円は超えるが、ふとんユーザーならいずれは必要だろう。一年近く洗濯もせず、スプレー類だけでやっていたらメンテナンスにも限界があるのだ。集荷の際に圧縮袋みたいなのが来るので、圧縮可能な掃除機が自宅に必要

4.サマリーポケット

pocket.sumally.com一人暮らしにあたって余剰荷物をトランクルームに預けようと思ったが、最安値でも仮設トイレぐらいのスペースで8000円は高い。サマリーポケットでは段ボールに詰め込んで送ればそこで保管して貰える。
☟最安値で月275〜605円/箱の保管料+取り出し料金1100〜1320円/箱。アイテムごとの取り出しも352〜1320円。引き落とし時にはテラダソウコ表記
pocket.sumally.com 1箱20kgを超えないように梱包しないと余計に費用がかかるため気をつける必要がある。コツとしては、大量の荷物(本や服)を送る場合は縛ってまとめて出す。一時期大量のCDや本を預けたことがあるが、CDはケースが何個も割れ、本は帯が折れたりするので帯の取り外しやページが開かないように工夫が必要
引越しの際に、軽い荷物を全部送って引越し先で取り出しをすれば引越し作業が楽になる

5.Spotify

www.spotifypremium.jp

音楽アプリと言えば、おそらくAppleMusicかSpotifyのどちらか、あるいは両方がマジョリティだと思う。AppleMusicはアンドロイドで使用したことがないのもあってよくわからず使っていない。月1回は通しでアルバム1作品聴けるので一時LINEミュージックを無料で使ってたが、UI的にも合わずやめてしまった。また、買った曲を聴くのにGoogle Music(曲をクラウドに保管してダウンロードでデータとして取り出せるので楽&アルバムジャケットやジャンルの編集が可能だった)を使ってたが今はないため仕方なく後継版のYoutube Musicを使っている(改善してほしい)。
話を戻すと、Spotifyはもともとアルバムやプレイリストのランダム再生が可能なため、無料で使っていたものをプレミアムに登録したのだ。やはり好きな曲を好きな時に自由に聴けるストレスフリー度は良い。オフライン再生も可能。消去法みたいな話だが、機能的には満足。一応買った曲をアップするのも可能らしいが使っていない。スマホAndroidAQUOS R2)で使っているとページが重いのか遷移した画面がすぐに表示されないのが欠点。ちなみにiPhone6sではそんなことはないのでスマホ容量とかによる違いなのか?。
そもそも音楽はLPで買ってサブスクで聴き流すスタイルに変容した。サブスクに無いものは買うという感じだ。

6.YouTube Premium

support.google.com

最初はYouTubeなんて無料で十分見られるし、1000円弱も払って何が良いの?って感じだったが、その意識は変わった。サブスク全般に言えるが、使うことになれると便利でやめられなくなる
もともとYouTubeは垂れ流しで音楽だけ聴いてることも多かったので、バックグラウンド再生で鎮座DOPENESSのフロー集を聴きながら通勤出来るのは最高。というより音声のみ再生するモードがあるので楽(スマホ上で)。あと煩わしい広告がないのも良いし、それが自然なライフスタイルに変容する。Youtube Musicにもその仕様は反映される
オフライン再生も出来るので、WiFi環境時にダウンロードして通勤・通学中にオフラインで見ればバッテリーもキープできる

7.Nefflix

www.netflix.com

独占配信の関係から、Netflixは必要。イカゲームやら実写版ワンピースなど、オリジナル作品が豊富なのがかなり良いし、周囲の人間はみな口を揃えて「TV見るならNetflix」と言う。また、Netflixではイントロをスキップできる(いきなり本編から視聴できる)し、ダウンロードでオフライン再生もできる
オリジナル作品のおかげかコンテンツ量が多いが、個人的な感覚だと普通の映画やらアニメのコンテンツ量はAmazonプライムとそこまで変わらない。
アニメだとTOWA TEIが音楽を担当している『SUPER CROOKS』(アマプラオリジナルの『The Boys』みたいな雰囲気があり、同じくエログロ展開あり)や磯光雄監督『電脳コイル』から15年ぶりの作品『地球外少年少女』なんかは独占配信だ。良い作品なのでぜひ見て欲しい。

www.netflix.com

chikyugai.com

たまに使うやつ

8.TSUTAYAディスカス

www.discas.net

初回は一月無料でレンタルできるのでバンバンレンタルしまくった。返却もポストなのが楽。千秋がディスってる記事が目に付いたが、ちゃんと計画して解約すれば普通にお得。これは30日間無料体験をして尚意図的に続けていたのだ。

www.j-cast.com

ちなみに、TSUTAYAに出向いて作品を探して、って作業やTカードの更新やらが面倒で店舗には足を運んでいない。NetflixやHulu、Spotifyなどには配信されてないような作品(映画だとゴダール作品とかはほぼ全ての配信サービスで配信されない)とか、プレミア価格になってる作品とかも普通にあったりする
今はサービスを停止状態にしているが、再開したい時にまた再開することも出来るので気が楽(この際、「停止(休会)」と「解除(退会)」があるので注意。停止期間中は当然金額は発生しない)。

ssl.help.tsite.jp

同じくゲオの月額レンタルサブスクがあるが、使いやすさとしてはTSUTAYAの方が良い。個人的にTSUTAYAの方が欲しい作品が置いてある率が高かった。

9.HafH(ハフ)

www.hafh.com

宿泊宿のサブスクで、月額9800円で最大3泊のところ、期間限定で月額2980円で数回宿泊することができた。受付でお題を取られないでそのまま泊まれてしまうのが良い。
システムとして、コイン(ポイント)から宿泊ルームのチャージを支払う。ピンキリで、50~150コインだとドミトリータイプやカプセルホテルのようになってしまい、個室を得るには最低でも200コインは必要。また、宿泊数もポイント制で3拍までがデフォルトで用意されており、これをコインに換金することも可能。

趣旨は変わるが、ここで泊って良かった宿泊施設を紹介する。
①コンフォートホテル横浜関内
ここは朝食が無料で提供されるのである(パックに入れて室内で食うorその場でビュッフェ形式のどちらか選べる)。もちろんHafhでもそれは適用される。
部屋はビジネスホテルだからかデスクがあるのが最高だし、フロント付近にはコワーキングスペース&厳選された本(もちろん読んでよい)が並べられている。部屋は年季を感じるものだったが、近くは象の鼻パークや赤レンガ倉庫があるなど、周辺環境が良い。

www.choice-hotels.jp②おふろcafe utatane
以前も来たことがあるが、泊りで追加料金なしでサウナも楽しめるなんて最高過ぎる。ただ18:00からチェックインだ。サウナやコワーキングスペース、ロフトの使用は20時までだが、日帰り客が帰った後も読書スペースが解放されているので十分楽しめる。また朝風呂も楽しめるのだ。
ただ、個室の部屋は初見だと鍵の開け方がわからずに苦戦する。鍵が回ってる気がしないが、引き戸でなく押し戸なので軽くひねって押すとだが開く。また入室後の部屋の照明もそのカギを突っ込むことで照らされる仕様になっている。

ofurocafe-utatane.com

ちなみにこのHafHは使わない際は退会せずに停止することができる。ポイント貯めたまま、月額料金が発生せずにアカウントを保つことができるのだ。

使わなくなったサブスク

10.Sleep Cycle

play.google.com

睡眠を分析して起床時間の30分前から、レム睡眠の眠りの浅いときに起こしてくれるアラームアプリだ。これによって快適な目覚めができるというものだが、正直普通のアラームとの違いが判らず実感が湧かなかった。年額3000円のサブスクで、そこまで高くはないが、これで起きられるかが不安で結局普通のアラームを掛けてしまう。ちなみにこれは睡眠時間の統計やいびきを録音してくれる機能があってそこは面白い。だが買い切りでもなく継続で続けるかと言ったら悩みどころだったので止めた。機会があれば長期的な目で見て再開するかもわからない…。

 

以上。