Patchwork Dream

随時、記事の加筆・修正または再掲載します。

読み応えのあるレビュー10選

mobile.twitter.com

mobile.twitter.com

はじめに

ラッパーにはいい奴もいれば悪い奴もいる。

それはレビュワーもそうだし、それ以外においてもそうだ。レビューもとい人やモノ・サービスを評価するにあたって、あくまで自分のことは棚に上げられる。近年では煽り運転で一躍時の人となった宮崎容疑者が投稿していたInstagramにおいて、定食屋での悪質なクレーマー行為によって出禁まがいの状態と店主のインタビュー報道があったが、裏腹にInstagramの投稿は以下の通りだ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 株式会社オマス 代表取締役 (@omasu2019)

www.instagram.com

二面性を保持しているのが宮崎容疑者だが、自分の印象を良く見せるためか、良い評価&常連であるかのような書き込みをしている。インターネットのレビューなんかは誰でも自由に書き込めるので、なんでもかんでも鵜吞みにしない方が良い。

悪いレビュー

mobile.twitter.com

リプ欄では実際の食事の感想があるが、前例同様にレビューほど悪くないらしい。やはりレビューに惑わされるのではなく、実際に自分の感覚で探るのが良いのだろう。家系の総本山、横浜家系の吉村家はいつ行っても行列で混んでいるが、実際に食べた人から話を聞いたが、そこまでするほどの味ではないらしい。期待が高ぶり過ぎると上回ることは無いようだ。

同様に、秋葉原のとある眼科がヤバいとの噂がある。

mobile.twitter.com☟また、悪いレビューが多い病院のHPを見ると特殊だったという例が下記引用の通りだ。

mobile.twitter.com

松山の病院が被害に合った事件として、病院口コミサイトを装ってグロ画像・動画を貼り付けて検索妨害・風評被害を起こした事例があるので、どちらが悪いのか、そういった点でも口コミ・レビューは重要なキーとなる要素だろう。

修正されるレビュー

下記のフライパンのレビューもなかなか面白い。
一見これだけではよくあるレビューのように思える。

フライパンに高さがないため、調理可能面積は少なめです。焼きそば2人前など、多めに作ると材料が飛び出します。
2キロと重たいため直接フライパンからお皿へ盛り付けるのが困難。

28cmを買ったのですが、システムキッチンの収納スペースに立てかけて収納できません。
もち手部分に角度が付いているため余計に場所も取ります。

万能フライパンではなく料理と人と保管場所を選ぶフライパンですね。

www.amazon.co.jp

上記レビューに対して、母からの修正が掛かったのだ。
母親のAmazonアカウントを使って購入していたのか、母親が目を盗んでログインしてきたのかどうかわからないが、わざわざ律儀に修正して再評価されているのだ。

レビュー主の母です。
最初星2つをつけていたのですが、変更させて頂きます。
レビュー主は碌に料理もできないくせに焼きそばを作って焦げ付いたため悪い評価にしていました。
システムキッチンなどとかっこつけていますが、安アパートなどでそんなものがあるはずもなく。
料理の仕方を簡単に教えたら鼻歌交じりに「なかなかええフライパンやね」とえらそうに言っており、とても気に入ったようでした。
なので五つ星に変更させて頂きます。

うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい - ゼロ年代インターネットスラングとかまとめ Wiki*

レビューの中にはドラマがあるのだ。以下のようにレビューのアンセム的なものがあり、それを我々は面白がっている。まるで中身のおもちゃではなくそれが入っていた段ボール箱に興味を示すように。

 

1.良い強炭酸とは(サンガリア、VOX、ウィルキンソンの比較)

ペットボトルの炭酸水は開封せずとも保存しておくと次第にペットボトル表面から炭酸が抜けて、炭酸は持続しません。
一か月も保管して置くと、多くの場合もはや強炭酸ではなくなってしまいます。
なるべく長期間強炭酸を楽しめるようにするためには以下のことに気を使うとよいと考えられます。

1、保管は冷暗所。
2、製造時の炭酸圧の高いものにする。(ガスボリューム(GV)値の大きい炭酸水)
3、ボトルの表面積/容積の小さい形状の容器を選ぶ。(容量の大きくて、丸っこい容器のものを選ぶ)
4、高品質のボトルを選ぶ(厚いボトル、積層ボトル)
5、製造から時間の経っていない商品を選ぶ(回転の良い売れ筋商品を選ぶ)

などですが、製造時の炭酸量(GV値)は公表されていなかったり、製造から時間経過でどの程度炭酸が抜けるのかよくわかりません。
そこで、経時的な炭酸の変化の測定をしてみました。また、容器も調べてみました。

対象は 
サンガリア伊賀の天然水強炭酸 、 VOX強炭酸 、 プライムシャワー強炭酸 、 アサヒ ウィルキンソン 強炭酸 、 四季の恵み 自然湧水 強炭酸水 でいずれも強炭酸を謳う製品で、3強?のサンガリア、VOX、ウィルキンソンは外さないようにした。
 
 ①ボトルの比較
ボトル重量は、サンガリア31gで、ほかはすべて25gでした。キャップ重量はサンガリアのみ3.0g、他は全て2.7gでした。
ボトル中央部の厚さは、サンガリア0.5mm、プライムシャワー0.4mm、ウィルキンソンとVOXが0.3mmでした。
ボトルの形状はサンガリア以外は類似の形状ですが、VOXはボトルを切ると3枚に剥がれました。VOXは積層ボトル!!でした。
キャップはサンガリアのみ1.55mmHgの外蓋に.08mmの内蓋の2層構造で、あとの製品は厚さ1.55mm外蓋単層でした。

 ②炭酸の減弱の観察
 方法
・検体:炭酸水はロットを一定にするためケース単位で購入し室温(24-30℃)で縦置きに保管した。
・測定:オリジナルの圧測定器具を作成し、冷蔵庫に約24-48時間保管し定温となったところで、あらかじめシリコンゴムで固めたキャップの上から穿刺し、数秒後数値が安定したところを内圧測定値とした。それぞれのブランドに対し2-3日に1本程度測定した。(農林省告第五百六十七号4条の測定方法とは違います。GV値への変換は独立行政法人酒類総合研究所炭酸ガス吸収係数表を用いた)

 結果
GV値の経時変化のプロットと回帰直線を示した。GV初期値は回帰直線からはサンガリアとVOXが高く、続いてプライムシ--ャワー、ウィルキンソン、四季の恵み自然湧水の順となった。経時的な炭酸の低下は、0.15-0.3GV/1か月で、サンガリアとVOXの低下率が少なく、プライムシャワー、ウィルキンソン、自然湧水は同程度の低下率を示した。

 考察
・充填時のGV値は公称ではサンガリアとVOXが5.0、プライムシャワー4.8、ウィルキンソン4.5(非公表)、自然湧水4.85とされており、自然湧水以外は概ね公称値通りの順位となった。自然湧水の初期GV値が低いのは、製造から時間がたった製品であることが考えられた。つまり、賞味期限まで短く、しばらく後に販売中止になっており、在庫処分品であった可能性があった。
炭酸ガスの経時的低下は1か月あたり0.15-0.3GVほど低下し、ボトルやキャップの観察から予測された通りサンガリアとVOXが低下しにくくなっています。他の製品はおおむね同じ割合で低下しており、ボトルの類似性と一致するものであった。
・感覚的にはGV値4.25を割ると強炭酸ではない感じになり、4.0を割ると気の抜けた炭酸という感じに思えた。
 
 限界
実験開始日が違うため、厳密には室温保管の温度条件が違うこと。GV値の初期値は製造日ではなく到着翌日(実験開始日)となっているため、充填時のGV値よりは低下していること。圧の測定方法が規定の方法ではないので、他の方法で測定したGV値との比較ができないこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 まとめ

・初期のGV値からはサンガリアとVOXが強炭酸水としておすすめです。
・500mlペットボトルは炭酸がすぐ抜けて未開封でも1か月もすれば強炭酸でなくなります。
・保管で炭酸が抜けにくくて持続するのは、ボトルとキャップが厚いサンガリア、積層ボトルのVOXです。

 サンガリアとVOXがおすすめです。

www.amazon.co.jp

 

2.未来と過去の間で

私は平成一桁の時代に生まれ、この春から就活を始める者です。この映画を初めて見たのは幼稚園児か小学生くらいの、まったく子どもといった年齢の頃でした。当時は、作中でオトナが懐かしむ昭和の産物自体が何なのかすら分からず、それらはすべて遺産でしかない、そもそも現実に存在したのかすらわからない、そんな見識を前提に見ていたから、ケンらが守りたいものが何なのか、なぜそんなよくわからないものを守ることに大の大人が同調しているのかも理解できませんでした。それから10数年が経ち、いまになってそれが何なのか少しわかったように思います。今、就職を経て名実ともに大人になろうとしている私は、これから自分を待ち受けているであろう様々な艱難辛苦の前に辟易し、この世界が作り出そうとしている未来が何なのかさえ分からず、自分が本当にそうすることで幸せになれるのかも全く分からずに、たくさんの企業に対して自分自身を商品かのように売り込んでいます。我々人類は前進することで本当に幸福になれるのか、そもそも前進とは何なのか、そんな疑念やぶつける先のない不満を抱え、自分の青春であった平成が終わることに名状しがたい淋しさを感じます。友人と中学・高校時代の話をしたり、昔ハマったゲームの話をしてみる時、どうしようもない安寧に近い気持ちを覚えます。「昔は楽しかった」「これから先はずっと大変だけど生きるために働かなくちゃ」そんな言葉が当たり前に口から出て、ふと、これから先の人生には絶望しかないのではないかという失意に満たされます。平成は楽しかったです。新しい機械がたくさん生まれ、それでも体を動かす遊びはやめられず、天災や不況に見舞われながらも、なんとなく楽しく生きていました。私の人生の最盛期は平成とともに終わったのかも知れない、楽しかった平成が終わって、自分の時代が終わって、新しい何かの礎に身を投じていく人生が残っている。「もう一度あの頃に戻れたなら」そう思います。では未来と向き合うことをやめて、ここで時間を止めるのか。ここでやっと、チャコの「死にたくない」に共感できる瞬間がきました。まだ来ていない時代は不安と絶望ばかりかもしれない、でも私は死ぬことも私自身をやめることもできない。未婚の私が、もしかしたらひろしの言う家族がいる幸せに触れることが出来るかもしれない、まだ見ぬ幸せもあるのかもしれない、これからの時代は平成よりもっと楽しいかもしれない、そう思わせてくれる作品でした。昭和から平成へ、平成からその先へ。どの時代が正しいとか、美しいとか、きっとそういうものはなくて、皆思い出という安寧と、未来という不安の狭間に生きているのでしょう。どうか次の時代が、平和で温かい時代であってほしいです。

www.amazon.co.jp

 

3.ボーナスが出たら必ず来る店!!

一応大卒なので(自慢)正社員として雇われている俺、しかし仕事はハードで、ボーナスも社長の気分しだい、奨学金の返済とちょこちょこつまんだ消費者金融への返済で、ちょっとピンチな俺。そんなプチ貧乏な俺が、ボーナスが出るたびに来るのがこの店だ!

登場人物
・俺:俺
・O:競馬場で知り合った友人
・K:Oのお嫁さん。フィリピン人

~Oに電話をかける~

俺「ボーナスが出たので、すたみな太郎行きましょう!」
O「いいですね!私もこの前万馬券取ったので少し余裕があるんですよ、うちの嫁も連れて行っていいですか?」
俺「どうぞどうぞ!一緒に食べましょう!」

~待ち合わせ場所(津田沼駅南口2F広場)~
俺「お待たせしました」
O「ぜんぜん待ってませんよ」
K「イマキタトコロダヨ」
俺「早速行きましょう!Kさんは太郎初めてですよね、ルールとかご存知ですか?」
K「チョットワカラナイデス」
俺「まずは、肉はトングを使ってよく焼くこと、それから食べ残しはだめです。あと、太郎では、普通の店だと下品だと思われるようなメニューも自分で作っちゃお!ということである食材を使って、何でも自由に作れるのです!」
K「タノシミネ!ワタシ、肉タクサンタベル」
俺「チッチッチ!それは初心者のすることですよ!ありがちな間違いです。太郎のプロは、寿司!これをメインに組み立てるのが正解です」
O「お!ついたぞ!エレベータで4階に向かおう!」

~店に入る~

店員「いらっしゃいませ!」
店内をぐるりと見回す。内装もきれいだし、お洒落な感じだった。女子高生達がなんかの打ち上げ見たいな感じでビュッフェエリアにあふれている!活気にあふれているなぁ!
店員「お客様、当店の…」
俺&O「120分で!アルコール飲み放題は無し!トング使用などはわかってます!」
店員「(こいつらプロや…)」
俺&O「ハイボール、濃い目で、三つ!!」ドンッ!!
店員「(こいつら分かってる・・・)」

解説しよう!すたみな太郎では飲み放題は必要ない!濃い目のハイボールは3杯で象も失神するほど強烈である。これを注文して、あとは店のタダのソフトドリンクで割って飲むとアルコール代を節約できるのである!!!!

K「サア、タベモノをトリニイキマショウ」
俺「よし!ついておいで!」

~肉コーナー~
俺「ここでとるべきは、びっくりサムギョプサルと、プレミアムカルビ、それにしめじとネギだ!」
O「今日は、たれ、どうする?」
俺「そうさなぁ、今日はガッツリ行きたいから、にんにくとんこつで!!」
O「じゃあ俺は味噌ケチャップでいくよ!」
K「ワタシハ・・・」
俺&O「初心者はテーブルのタレで食っとけや!!(怒)」

・・・解説しよう!焼肉のタレも制限は無いのである。俺のえらんだ「にんにくとんこつ」とは、山盛りのにんにくに、ラーメンコーナーのとんこつラーメンのタレを原液のまま加えたものである、ガツンとくるしょっぱさのあとに広がるにんにく風味は、一度食べたらやめられない!
Oの選んだ「味噌ケチャップ」、これは、味噌ラーメンのタレ原液に、調味料コーナーのケチャップを加えたものである。これもケチャップの酸味と味噌のコクのバランスがたまらない一品である。


俺「ちなみに・・・びっくりサムギョプサルは、今日はどんな食べ方でいく?カレー?ハヤシ?ミートソース?」
K「タベカタ??フツウジャナイノデスカ?」
O「今日はハヤシで行こう!」
俺「おうよ!」

・・・解説しよう。びっくりサムギョプサルのような、味がついていない肉は最初に取って、好みのソース(カレー・ハヤシライス・ミートソース・トマトソース・その他調味料)に漬け込むのである!そして食べ放題後半戦でだれて来たときのカンフル剤にするのだ!是非試してほしい!

~お寿司コーナー~

俺「さっき店に入る前に、お寿司で組み立てる・・・って話をしたの覚えているかい?」
K「ハイ」
俺「お寿司は、本当に万能なんだよ、タダ焼くだけの肉とは違ってね!」
O「そうそう、俺はセパレートが得意…」
K「スゴイデスネ・・・」

・・・解説しよう!お寿司の可能性は無限大である。皿に並べて、そのままカレーなどをかけたり、ドンブリに入れて上からアツアツのカルビスープや塩モツ鍋のスープをかけて雑炊風に、ネタをはずして焼いた肉と一緒に食べれば寿司on theミート、シャリ部分を数個集め、握りなおしてしょうゆをかけながら網で焼けば、焼きおにぎり…等等、お寿司を中心に何でも作れるのである。Oの言うセパレートとは、寿司のネタとシャリを分けて食べるスタイルのことを指すのだ!

~ラーメンコーナー~
O「ここではラーメンは食べない、通はメンマとネギだ!!!」
K「!!!!ドンブリにメンマトネギをヤマモリに!!」
俺「そこに、タバスコを大量に振りかけるッ!!!」
・・・最強のおつまみの完成である・・・

俺「さあ!食べ始めよう!」
O&K「オーーーッ!!!!」

120分という制限の中で、俺たちは食べ続ける。残すことは許されない・・・まるでスポーツのようだ。
120分後、俺達の胃ははちきれんばかりに膨張し、若干の後悔と吐き気に襲われるだろう。
でも俺たちは食べる!それが、俺達に出来る唯一の反政府運動だから・・・!

tabelog.com

吉野家コピペのような勢いである。

 

4.レビューがヤバすぎるラーメン屋

note.com

気になり過ぎて実際に行ってみたい気もする。こういう店主が気難しいタイプの店は、冷やかし感覚、アトラクション感覚、ダイナモ感覚で挑むと楽しめるのかもしれない。1/2の確率でどちらが良いのかもよくわからない店主にぶち当たる。あの頃、駄菓子屋のくじ引きで博打をした頃のような感覚を味わえるだろう。

 

5.アラサーアニオタは時間がない。

学生時代なら深夜アニメは全てリアタイで実況し、3時に寝て12時に起きる生活は平常運転だった。
覇権アニメもつまらんアニメも全部見る。何故ならそれがアニメであるから。
そして何故なら私はアニオタだから。なあ、そうだろ。班目。
バファリンの半分は優しさでできているように、私の半分はきっとアニメでできていた。
やがて学生アニオタはリーマンアニオタになった。岬ちゃんは来なかった。
かわりにひふみ先輩に-1を掛けたようなおっさんが上司になった。
アニメは録画して見るようになった。朝の電車の中でアマプラで見るようになった。
ハッシュタグはリアタイで呟くものではなく、翌日の昼に検索するものになった。
残業するようになった。朝の電車は目を閉じることが多くなった。
アニメはOPとEDを飛ばして休日に1.5倍速でないと見みれなくなった。
いつの間にか、私の中のアニメはひどくか弱いものになっていた。
視聴するものから消費するものに変わりつつあった。

ある日、TLが沸き立った。
「3分で吸える覇権」「監督はニャッキの弟子」
「人間は愚か」「やはり人類は滅ぶべき」

一体、アニメを倍速かけずに見たのは何年ぶりだろうか。
ゴマちゃんを想起させる鳴き声、カービィのような無垢さと食欲、
不条理の甘受と自己保存の強かさ。確かに感じるニャッキの系譜。
そうだ。私は私でない何かになりたくてアニメを見ていた。
本当に欲しかったのは、現実と地続きな転生ものではない。
長男だからってアニメの中ですら我慢しなくていい。
猫が猫であるように、犬が犬であるように、
ただ心が自ずと由しとするままにあり続けられる世界。

火曜日の朝に放送してくれてありがとう。
もし月曜日ならば1週間堪えられなかっただろう。水曜では手遅れだっただろう。
家を出る前の7:30。まさかこんな時間に覇権アニメをリアタイ実況できるだなんて信じられない。
砂漠を放浪し続け諦念が芽生え始めるその時出会ったオアシス。これは蜃気楼ではない。
10年前に置き去ったあのときめきが蘇った。喉が渇いていたことを思い出した。
ありがとうPUIPUIモルカー。アニメってやっぱりおもしろいね。

www.amazon.co.jp

ただどういう作品かではなく、その人にとってどんな存在かがわかるレビューにはドラマがあって良い。映画批評系は映画を観なくても観た気にさせてしまう良レビューもあるが、これは内容を多く語らずに観ようという気にさせる。アニメの在り方を考える批評だ。

 

6.タコの刺身が好きすぎるので最高に合うしょうゆを100本の中から探してみたタコの刺身が好きすぎるので最高に合うしょうゆを100本の中から探してみた

r.gnavi.co.jp

醤油だけでも「卵かけご飯用醤油」「アイスクリームにかける醤油」など種類や用途が豊富だが、タコの刺身専用の醤油は現在無い。
ただ正直自分に合う酒や煙草を探しが如く、自分に合った醤油を選びたくなる心理もわからなくはない。

 

7.商品と床が焦げました

床かが焦げるのはいただけないが、褒め殺しのような形で批判して一ようにも思えるし、注意喚起しているように思える。普通に低評価を付けるよりもよっぽど効果的に見える。

 

8.タイヤ味のグミは本当にタイヤの味がするのか検証してみた

mobile.twitter.com

kunugi-runner.com

Youtuberが罰ゲームが如くレビュー動画を挙げているが、ここでは案外食べれなくはないとの評価だ。味というより食感が良くないのかもしれない。と思ったが気持ちの悪い甘みと風味が良くないのかもしれない。地球グミ含め、ビレッジバンガードには謎の輸入製品があり、興味本位だけで買ってしまいたくなるものだ。
ネタバレするとタイヤより不味いことがわかった。

 

9.スラムへようこそ

2015年という比較的そこまで古くない時代だが、かなりのレビューである。
これを見る限り高校名までは不明だが、リプ欄などから既に高校名が割れているし、在学中と思しき人のレビューではそこまで悪くないのに酷評されているという意見もある。偏差値は低いのだろうが、ここがある意味度のレビューが本当なのかわからないという難しいところだ。

 

10.4年もちました。ありがとう。

使い始めてすぐではなく、使い終わってからの感謝が述べられている。商品もそれを使う人も良いものだったというものが伺え、ほっこりする。

関連・参考文献

jp.quora.com

 

以上。